ついついやりがち?洗いすぎが肌に与える影響

肌を保護する皮脂まで洗い流してしまう

スキンケアに関するトラブルで多いのが洗いすぎによる肌荒れです。汚れを除去するための洗浄で肌を保護する皮脂までも洗い流してしまい、結果として肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまいます。皮脂は肌が汚れる原因ですが、その一方で潤いを保つ効果もあります。そのため、皮脂が無くなってしまうと肌がむき出しの状態になり、潤いが失われてしまうのです。空気中の汚れや紫外線などの刺激も一切軽減されないので肌の傷みが急速に進み、角質化や色素沈着などの重大なトラブルに至るケースも少なくありません。皮脂が浮き出ている肌はベタつきがあり、見た目も良くないので入念に洗いがちですが、一切残さないほどに洗うのはやり過ぎなので注意が必要です。

細菌感染のリスクが増大する

洗いすぎによるデメリットは肌荒れだけではありません。肌荒れによって生じた傷から細菌が入り込み、感染症に見舞われるおそれもあります。洗いすぎによる肌荒れは個人差があるので人によっては見た目がほとんど変わらないこともありますが、目に見えないほどの微小な傷がいくつも生じている事実は否定できません。そのような傷から細菌が体内に入り込み、激痛や炎症などの不具合を引き起こします。症状が進むと命の危険に至る可能性もありますが、肌に生じたトラブルが細菌感染によるものなのか肌荒れが原因なのかは素人には判断できません。ただの肌荒れによるトラブルと軽視してしまい、症状の重篤化を招く可能性があるのでどのような場合でも速やかに病院で検査を受けるのが賢明と言えます。