脂性肌の人も要注意?実は肌内部が乾燥している可能性も

脂性肌の根本的な原因は乾燥

脂性肌の人の中には、隠れ乾燥肌の人がいることをご存知でしょうか。皮脂が浮いてきて、常にべたべたしているのに乾燥しているのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、実はその皮脂の浮きも乾燥が原因の可能性があるのです。表面的にはべたついているように感じるとはいえ、肌の角質層は水分が足りずに砂漠状態かもしれません。 そもそも、ちゃんとスキンケアしていても肌の角質層までしっかり水分を届けることは簡単ではありません。人の肌は、乾燥状態を脱しようと皮脂の分泌を促します。これが脂性肌の原因の一つなのです。乾燥を補おうとすればするほど、必要以上の皮脂が分泌されてしまう為、べたべたしたような状態が続いてしまうと言われています。

効果的な成分でケアする

肌がべたついているとメイクがよれてしまったり、浮いてきてしまいます。あぶらとり紙などを使用し、不必要な皮脂を拭いたとしても一時的なものであり、刺激を受けた肌はまた皮脂の分泌を促してしまうのです。その為、大切なのは肌の角質層からの乾燥肌対策。毎日のスキンケアをしっかりしているつもりでも、肌の角質層まで水分は届いていない可能性が高いでしょう。 そこで重要なのは、どのような成分が有効であるかという点です。これはいろいろな保湿成分のものがありますが、話題になっているのがセラミド。セラミドが配合されたものは肌の角質層までしっかり水分を届けてくれると評判です。もし、肌の角質層が乾燥していることが脂性肌の原因なのであれば、一度試してみてはいかがでしょうか。