落としすぎないのがポイント!肌に優しい洗顔とは

洗顔を行う際はここに注意!

洗顔は毎日行うことだから、少しでも肌に負担をかけずにすませたいですよね。洗顔を行う際に注意したい点として、熱いお湯で洗ったりシャワーを直接顔にあてたりすることがあります。これはシャワーの水圧で肌が傷つくことや、熱いお湯は保湿成分など肌に必要なものまで流してしまい乾燥や肌荒れにつながるためです。また個人によって肌の悩みは毛穴の汚れやテカりなど様々ですが、洗いすぎることも肌には逆効果です。気になる部分を念入りに洗いたい気持ちはわかりますが、過剰な洗いはかえって肌へ負担をかけて症状がひどくなることもあります。そして、洗顔時のすすぎ残しがあり洗顔料が顔に残ることで、ニキビなど新たな肌トラブルにもつながるため注意が必要です。

実際の洗顔で大切なことは?

洗顔で重要なポイントは洗顔料をよく泡立てて使用することと、顔を洗う際に余計な力を入れず優しく洗うことです。まず、洗顔料をよく泡立てるためには手の平を清潔な状態にしておくことが大切です。洗顔料を顔につける前に、顔はぬるま湯で簡単にぬらしておきましょう。洗顔料は少なすぎても多すぎても駄目なので、パッケージに書いてある取り扱い方法を確認して使用するべき量をしっかり使います。キメの細かい泡は洗浄力アップにつながるため、しっかりと泡立ててから肌と指が直接触れないイメージで泡で優しく顔を洗うことが重要です。泡立てる時間がない時や作業が苦手な方は泡立てネットや最初から泡になっている洗顔料を使用するのもいいですよね。最後にやさしくタオルをあてて水分を吸収させましょう。また、洗顔をした後は肌の乾燥を防ぐために、可能な限り早くスキンケアを行うのがおすすめです。